結婚式に電報を利用する場面

結婚式に電報を利用する場面

ここでは、どんなときに、結婚式に電報を利用しているのかについて書きます。

 

まず、結婚式に電報をもらうことは、新郎新婦、ともに嬉しいことになりますので、
送りたいと思ったら、積極的に送るといいでしょう。

 

ただ、注意が必要で、今では、いろいろな電報があります。
もし、お世話になっている方に送るのであれば、ぬいぐるみやフラワーなど、
メッセージとともに送ることをお勧めします。
※ぬいぐるみやフラワーと一緒であれば、印象にも残ります

 

結婚式に電報を利用するケースは、会社関係が一番多いでしょうね。

 

多いケースとしては、
・職場の人が結婚する
・社長が社員の結婚式に慣例的に祝電を贈っている
・結婚する本人が在籍したことがある部署
・取引先の方やご子息が結婚する
・招待されたが欠席する

 

 

個人的な利用については、招待されたが都合があり欠席する場合、
海外をはじめ離れた場所で結婚式をやるため参加できない場合など、
ある程度、限定された理由が多いようです。

 

ただ、初めにお伝えしたように、結婚式の電報は相手を祝福する祝電なので、
送りたいと思えば、理由がなくても送るといいでしょう。