結婚式の電報 初めての方は気にしたい注意事項

結婚式の電報 初めての方は気にしたい注意事項

結婚式の電報は、贈る方も、受け取る方も、幸せな気持ちになりますね。

 

ここでは、結婚式の電報をはじめ、
さまざまなシーンで利用される祝電の注意事項を書きます。

 

特に初めて祝電を利用される方は読んでおくといいでしょう。
すでに、何回か贈られている方については、確認したい場合、
読むといいと思います。

 

 

○祝電のメッセージについて

 

電報のメッセージは以前はなるべく簡潔に短くして打つのが一般的でした。
それは、電報のメッセージが別料金のため、なるべく低価格になるよう、
長いメッセージを贈る方が少なかったのが、一番の理由でしょう。

 

しかし、電報がNTTだけではなく、他の会社もサービスをはじめることにより、
お客様視点のサービス提供が増え、その結果、メッセージ料が無料のサービスも始まっています。
※メッセージ料が無料の場合、○文字まで無料という業者が多いです

 

結婚式の祝電の場合、多くの方から届くので、
200字〜300字程度の簡潔なメッセージが喜ばれます。
また、それ以上のメッセージを書くよりも、ぬいぐるみやフラワー電報
送った方が喜ばれるでしょう。

 

初めての場合は、ベリーカードなどでは、メッセージのサンプルが
たくさん用意されていますので、参考にするといいでしょう。

 

 

○祝電はいつまでに結婚式場に届くように手配しますか?

 

結婚式前日までに届くように手配するといいでしょう。
急な場合は、当日発送しているベリーカードに問い合わせするといいでしょう。
※一部地域では、当日発送でも間に合う場合がございます

 

 

○祝電の宛先は誰宛?

 

宛名は、本人の名前でいいでしょう。
ただし、旧姓で

 

結婚式場へ贈る場合は、住所、電話番号の確認を事前にしておきましょう。

 

 

インターネットだと、問い合わせできないのではないかと考えている方もいると思いますが、
よくある質問はQ&Aで掲載されていたり、電話やメールで問い合わせをすることができる業者も増えています。

 

もし、不安なことがありましたら、業者に直接、問い合わせをするといいでしょう。
優良業者ほど適切な対応をしてくれます

 

ベリーカードでは、ウェブでの問い合わせはもちろん、電話での対応もしています。
私は、以前、問い合わせをしたことがありますが、適切に対応してもらいました。