電報 結婚式で人気の例文はこれだ!

電報 結婚式で人気の例文はこれだ!

電報で有名なvery cardをご存知でしょうか?
最大300文字まで、VERY CARDなら全国どこでも1,344円(税・送料込)で贈れます。

 

very cardでは、豊富な文例を取り揃えています。

 

例えば、結婚式の場合、
・華燭の御盛典を祝しご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。
・ご結婚おめでとうございます。お二人の前途を祝し、ご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。
・華燭の御盛典を祝し、若いお二人に幸多からんことをお祈り申し上げます。
・ご結婚おめでとうございます。新生活の門出を心よりお慶び申し上げます。
・ご結婚おめでとうございます。輝かしい門出を祝福し、
 前途ますますのご多幸と皆様方のご隆盛を祈念いたします。
・華燭の御盛典を祝しますと共に、お二人の新たな門出にあたり、
 ご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。
・ご結婚おめでとうございます。お二人の輝かしい門出を祝福し、
 前途ますますのご多幸とご家族皆様方のご隆盛を祈念いたします。
などなど。

 

もちろん、もっと長い文例もあり、気にいった文例があれば、その文例を使った
電報を簡単に送ることができます。

 

慣れない電報は文例を利用しよう

電報を送る回数は、人生ではさほど多くないでしょう。

 

会社の総務担当の方などは、社員のご家族の慶弔時には、
社長の代わりに電報を送るのを仕事の一部にされているでしょうから手慣れているでしょが、
そうでない方にとっては、どちらかというと苦手なのではないでしょうか。

 

そんな時に、利用したいのが電報サービス会社に掲載されている文例です。

 

シーンに合わせて、豊富に文例が揃っていますので、
気軽に同じ文章にしてもよいし、一部を利用して使うのも良いでしょう。

 

特に、結婚式の祝電には、忌み言葉といって、使用を避けたい言葉がありますので、
電報サービス会社の文例を利用すると安心でしょう。

 

忌み言葉とは、離婚や再婚などを連想させてしまう言葉です。

 

具体的には、別れる、分ける、切れる、破れるなどの言葉です。

 

いろいろ、かえすがえす、ますます、などの重ね言葉も使わないようにしましょう。

 

結婚式の披露宴を司会者が、これで「終わりにさせていただきます」とは決して言わず、
「お開きにさせていただきます」というのも、忌み言葉を避けるためです。

 

電報を送ることになったら、電報サービス会社の文例を多いに利用しましょう。

電報 結婚式で人気の例文はこれだ!記事一覧

あなたが、友達の結婚式に欠席する場合、電報を利用するかもしれません。多くの電報会社では、結婚式の電報用の文例を用意しているので、そのまま利用してもいいでしょう。もし、大切な友達であったなら、オリジナルのメッセージを書きたいものです。しかし、結婚式の電報に関しては、注意が必要です。マナーがあるので、そのマナーを守らないと無礼な電報になり、新郎新婦に不快な気持ちにさせてしまいます。欠席するため、電報を...