結婚式の電報の送り方 | 電報 結婚式人気ランキング

結婚式の電報の送り方

結婚式の電報は、会社として送る方もいれば、
知り合いの結婚式に参加できずに、祝電を送る方もいるでしょう。

 

結婚式に電報を送る機会はあまりないので、
初めての方は、電報を選ぶことも、そして送るタイミングも
わからない方も多いと思います。

 

特に、参加できない場合は、しっかり電報を送りたいですよね。

 

ここでは、初めての方が疑問に思う
・電報を送るタイミング
・宛名
についてお伝えします

結婚式の電報(祝電)とは

電報と言えば、入学式や卒業式をイメージする方も多いと思います。

 

関係者が参加できない時に、電報でメッセージを伝える。

 

 

結婚式の電報も同じようなものです。

 

 

新郎または新婦から、結婚式に招待されたが、
都合が悪く参加できない方が、任意で新郎、新婦に送るものです。

 

しかしながら、電報のお店で、祝電を見ていただければわかる通り、
ぬいぐるみ、バルーン、プリザーブドフラワーなど、さまざまな電報があり、
今でも、多くの方が利用しているサービスです。

 

結婚式の電報 いつ送るべき?

さて、本題に戻りますが、どのタイミングで送った方がいいのか。
できれば、前日に届くように手配したほうがいいでしょう。

 

最近は、配送スピードも速くなり、場所によっては当日配達も可能なエリアがあります。
そのため、結婚式の会場がどこかによりますが、できれば、2,3日前に申込、
前日に届くようにした方がいいでしょう。

 

お急ぎの場合は、念のため、電話でどのくらいで届くのか
確認してから申し込むようにしましょう。

 

宛名はどうするべきか

結婚式の場合は、一般的に新郎、新婦の連名(2人宛)がいいとされています。

 

もちろん、相手との面識がない場合は、知り合いのみでも構いません。

 

結婚式は、新郎、新婦だけでなく両家で行われておりますので、
基本的には、新婦には旧性で書きます。

 

 

 

電報のお店ですが、このサイトでも一押しのvery cardなどのように、
信頼ができるお店、ランキングがあるなど、初めての方でも選びやすい
お店を選ぶといいでしょう。

 

お店が信頼できるかどうかの1つは、所在地や電話番号です。

 

しっかり、記載されていることを確認しましょう